日本からマンガ・アニメ・ゲームの文化を広げていく専門学校

描く

声で好きなものに携わる

ファンタジー

近年、日本から世界へと広がっていった漫画やアニメなどのいわやるオタク文化というもの、その評価は非常に高く、日本だけでなく海外でさえ大ヒットを生み出し続けている。そして、日本各地には漫画やアニメーション、声優などを育成するための大きな専門学校が出来るほどのものだ。その中でも現在、もっともメディアへの露出が増えてきているものがあり、声優という仕事だ。声優とはアニメーションに声をあて、キャラクターに命を吹き込むという重要な役割でもあるが、海外映画の吹き替え、ナレーションなど声を使った専門的な仕事をしている。専門学校では、育成のカリキュラムの中に、現役の声優を呼び講師をしてもらい直接指導を受ける他、演技力の向上など必要不可欠な内容をしっかり抑えることができる。
なにより、専門学校では同じ夢を追う仲間がまわりにいることで、助け合いや互いに切磋琢磨し合えることで、目指す目標へ大きな活力となるような環境づくりもしっかりしている。もちろん、それだけではない。学校内の他の学科、ゲームやアニメーションを目指す生徒達と合同で作品を作る事もでき、声優の仕事の流れ、役割を肌から感じることの出来る体験も可能なのである。声優になるための方法はたくさんあるが、同じ夢を追う仲間と目指すことで、お互いのためになるような良い環境で成長することができるものが専門学校の大きな強みであり、それを通すことで演技力やコミュニケーション能力など無くてはならないものを学ぶことができるのである。