日本からマンガ・アニメ・ゲームの文化を広げていく専門学校

描く

世界を作って遊べる

ビデオ

ゲームという文化はアナログに始まり、そしてデジタル、今や携帯電話などで出来るという、歴史の長いものであり、調べていくと深いものがあるジャンルの1つである。そして、現在のゲームは音、グラフィック、操作性など様々な時代の流れで進化していき、昔からは考える事のできない、まるで一本の映画を見ているような、そんなレベルにまで発展している。小中高校生は少なからずゲームというのに触れていることであろうし、過去に触れたという人がほとんどだと思う。そして高校生くらいになると自分なら、ここはこういうシステムで作るなど、ゲームをただ楽しむのではなくどういうものならより良く楽しめるかなども考えるだろう。そのような時にゲームのことが学べる高校があるから、自分の夢を叶えることができる。

高校生になるとゲームのプレイ方法は大きく変わり、頭を使い楽しみながらも、より良く攻略していき、ここはこういうシステムがいいのではと考え始め、そこで製作者側にいきたいといった発想も生まれてくる人も少なからずいるであろう。高校時代は好きなものを仕事にしたいと悩むことが多い時代であり、そして今の日本にはそれを叶えるための選択肢がたくさんある。専門的知識を高校で学び、自分が夢に描いた物語やシステムを形にしたいと。その夢を叶えることが出来るのは自分自身の選択であり、それを叶えるための環境が整っている場所もある。専門学校ならではの、他の学科と協力した合作のゲーム作成など、在学中にできる内容としては非常に豊かなものが揃っているのである。