日本からマンガ・アニメ・ゲームの文化を広げていく専門学校

漫画

自ら発展させていく

描く

日本にある文化は世界に誇ることのできるものがたくさんある。それは和食や和装など歴史的なものもあるが、それ以外にも世界に広がっている文化がある。それがオタク文化である。オタク文化とはマンガ、アニメの他にも様々あり、アイドルなど多種多様なものをまとめて呼んでいる。その中でマンガは各国の言葉に変換され、大ヒットを生み発行部数も軒並み伸び続けている。各国ではマンガ、アニメ、ゲームに関しての大規模なイベント事も開催されており、未だに発展を続けていく文化、ジャンルの1つと言える。そのオタク文化の拡大は専門学校などの専門ショップなどもでき、マンガ、アニメを通し海外からの観光客も増えていたりと、日本経済に様々な影響を与えている文化でもあるのだ。

マンガが好きでそれを通して日本を好きになり、そこから日本語を勉強、日本に移住など、オタク文化が世界に与えている影響は思っている以上に大きいであるといっても過言ではない。好きなものをに携わりたいというのは、仕事をする上で誰しもが思うことで、マンガが好きであるのならば、それに関連のある仕事をしよう。そしてこれからは、自分自身がマンガ、アニメ、ゲームの文化を引っ張っていくだけではなく、そのジャンルを発展させていこう。そのためにも専門学校という、専門的な知識、体験をすることのできる環境で、このジャンルに貢献していきながら、楽しみながら、好きなことに携わっていくべきである。

声で好きなものに携わる

ファンタジー

最も注目を浴びてきている職業声優。声を使いキャラクター命を吹き込む重要な役割を持つ。それを目指すなら多くの経験を積み、仕事に役立つことを多く学べる専門学校が一番良い。

絵で世界を表現

ペンタブ

世の中に溢れているイラスト、それはゲームなどだけでなく、色々な企業のポスターにまで採用されてきている。それを描いている仕事があり専門学校が選ばれているのである。

世界を作って遊べる

ビデオ

ゲームはプレイするだけではなく、自分で作るところにもお見白身がある。世界を広げることができる專門高校では、ゲームづくりのいろはを学ぶことができるようになっている。